実際にレイクALSAでカードローンを組む際に一番注意したいこととは何でしょう?

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まず審査時間の長さについてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだとレイクALSAのサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行とレイクALSAが大きく違う点は審査時間の長さです。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

人気が高い金融機関の理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、レイクALSAの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で審査時間が短くお金を借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると審査時間が短く現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

参考:新生銀行レディースレイクの主婦の審査基準やおすすめ度は高い?

決まった日時に借入残高の利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を減らす有効な方法となります。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行とレイクALSAの金利を比較するとレイクALSAの金利の方が高ことが一般的です。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますからお金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンとレイクALSAが提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

レイクALSAのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

諸々の条件でレイクALSAの方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、銀行カードローンと比べるとレイクALSAのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

レイクALSAのキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりもレイクALSAのほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

一般的にレイクALSAのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

レイクALSAのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

レイクALSAの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、レイクALSAの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査時間の短さは突出しています。

堅実で審査にかかる時間が長いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関してはレイクALSAの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとするレイクALSAの方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。