保険無料相談の予約キャンセルしたいけどキャンセル料とか大丈夫?

時折見かける、「保険無料相談をすると牛肉プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔は無料ではなく、FPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

ここ数年で急速に有料で保険相談をする時代が終わり無料相談サービスが増えてきました。

保険は人生にいて2番目に高い買い物と言われ、自社の製品を是非とも契約して欲しいと考えています。

しかし商品券プレゼントの額が過熱化し、金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

今の保険を選んだ際になにを参考にしましたか?ランキングサイトなどの情報を決め手にした人、職場に来た営業の人の説明などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めたはいいものの、月々の料金がキツい、実は保障内容がわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

当然のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を紹介してもらえたという話も多いです。

最近テレビCMなどいろいろなところで耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

結論から言いますと、各保険会社からの契約手数料を収益という形で支払われているからです。

つまり、相談サービス会社としては、勧めた保険に加入してもらうことが一番重要になります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら強引に契約を勧められそう」といった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。

プロに自宅へ来てもらって保険の話をするとき心配なこととして、提案に納得できないときに断れるか?ということがあるでしょう。

普通の会社なら強引なセールスは厳禁ですし、担当者と合わないときには変更してもらえたりするようなサポートダイヤルなどがあります。

一回目の話合ですぐ契約を決めるということはまずないそうなので、事前に相談したいだけなので勧誘の必要はないことを十分に伝えておくと安心かもしれません。

FPさんの質やその提案に自信があるところなら他社と比較して検討してもらっても問題ないので、嫌な顔はされないでしょう。

一時期、いろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘合戦では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。

同じように保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、総務省や金融庁の指導で高額なキャッシュバックや高額な商品券のプレゼントを行うキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変えているサービスもあります。

子供のために貯金はしたい!でも家計はギリギリという方はどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

お子さんのいる家庭の場合では食費はできればそのままにしたいですよね。

そうすると次に考えるのが、携帯電話料金です。

いわゆる格安SIMに乗り換えるという方法です。

携帯料金を節約しても家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログを見ると現在の保障内容を将来の希望など様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは説明がわかりやすく信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者が見つかるまで相談するのがよさそうです。

人生の中でももっとも高い買い物の部類に入る「保険」。

選ぶときには、慎重にならざるを得ません。

そんな場合に上手に活用したいのが、無料相談です。

大雑把に大きく分けると来店型と訪問型とがありますが、中には面談をすると何かをもらえるところもあります。

多くは商品券のようですが、ほかにも図書券や現金というところもあるようです。

一万円に満たない額がほとんどですが、いくつかの会社からもらえたら数万円になる可能性もあります。

勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、ダブルでお得なお話ですね。

新しくなにかを始める際はみなさんどうしていますか?多くの人は最初にネットで調べることから始めると思います。

保険の見直しを初めてお願いしてみようと思い調べていたところ保険相談無料ドットコムというウェブサイトを見つけました。

一般的な店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間にカフェや自宅など好きな場所で面談をしてくれるようです。

様々なことを確認するので落ち着いて話ができる自宅で相談を行う方が多いようです。

また、サービスとしての方針も強制的な勧誘をしないのはもちろん、保障内容の確認だけでもいいみたいなので安心ですね。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスはあまり名前を聞いたことのないものばかりで本当にポイントが付与されるのかわからないですよね。

このキャンペーンの多くの場合では数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与されるという形式が多いです。

そのため、サービス側は最初の面談等で契約の見込みがないと見られたら2回目、3回目の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態のままになる可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

よくネット広告などで見る保険無料相談サーブ¥ビスですがなぜ無料で行えるのでしょうか?その答えは、FPが紹介した保険に相談者が契約した際の手数料です。

このシステムは相談者にとって良い面が多いです。

例を挙げると相談者が加入した時に初めて収入が発生するということは、加入してくれなければFPは無報酬で赤字状態になるため、保険紹介時の説明や対応方法などのサービスを高めなければなりません。

そのため、提案する保険が相談者の希望に合っていることが高く、紹介者の説明スキルがわかりやすくなるなど良い面ばかりです。

なので、現状のままの方が最良なら別の保険を勧めたりもありません。

皆さんも保険の悩みを気楽に相談してはどうでしょう。

保険を考えるタイミングといわれるライフイベントがあります。

例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く保険に対する知識がないとどうしたらいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを使ってみましょう。

すでに保険を契約している人でも年収や支出などが加入当時から変わっているはずです。

なので、無料相談で今の生活状況、将来の夢や希望に合っているか、いざという時にどんな保障が必要なのかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに毎月の保険料が約1/3になったという話もあります。

契約中の保険内容の確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

例えば、人から何かを勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じる人がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を強引に勧められ、断りきれず勧められるままに契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなど様々なトラブルにつながる可能性があります。

なので、ここでは断り方・信頼できるFPの見つけ方について書こうと思います。

基本的には「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば問題ないです。

保険は一生のうち、家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないFPと言えます。

保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからお困りの方はメールで解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりをメールで行えるサービスもあります。

そのため、24時間受付をしており、相談に対する返信内容の確認も通勤中の電車の中など空いた時間に確認返信ができます。

もし、説明がわからない、こちらが伝えたいことが担当者に意図が十分に伝わっていないと感じたときには、電話相談もできるようになっているようです。

もし相談途中で必要がなくなったとしてもメールで断れるので楽な気持ちで相談できると思います。

保険無料相談サービスの利用で商品券をプレゼント!というキャンペーンを最近は見なくなりました。

調べてみると、2017年4月に金融庁の出した指針によって相談サービスの利用特典として高額な商品券がもらえるという販促方法は禁止になったからです。

指針の具体的な内容としては換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性の低い商品なら問題ない」とも解釈できるので一部のサービスでは商品券から「換金性の低い特定の景品をプレゼントする」と言う方法で宣伝をしている状況に変わっています。

そのため、高額な商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

保険の相談をする際、いろいろな方法が考えられます。

FPさんが来てくれるタイプを選ぶ人もいれば、雑誌やテレビなどでもよく見かける会社のお店までこちらから出向きたいという人もたくさんおられるでしょう。

全国にお店があるような会社であれば、ショッピングモールといったようなついでに立ち寄れるような場所に店舗を構えていることが多く、利用する方も気軽です。

家まで呼んだり、カフェなどプライバシーが心配な場所で大事な話したりをすることに不安がある場合は、来店型が合っているかもしれませんね。

参照:http://www.canadagoose-montreal.com/faq/cancel.html

営業の人に提案されるがままに保険に入っててしまって実は、内容をしっかりと把握できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを利用してはいかがでしょうか。

知識がなくても保険の専門家が今はどんな保険に入っているか、今のライフプラン、将来の希望に合う保険ではなかった場合、こっちの保険の方があっているなど相談に乗ってくれます。

また、その結果、余計なオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、保険無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉をプレゼントするキャンペーンを行っていたりします。

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。

結論から言うと存在します。

初めは有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどういった点が異なるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは相談者と保険内容の確認をするだけではお金はもらえず、相談者に提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって収入の高い保険)を勧めてくるFPが場合によってはいます。

逆に、有料の相談の場合、無料相談と比べ販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いようです。

近年、人と同じようにペットの家族化、が急速に進んでいます。

例としては、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気などの治療で動物病院に入院などをした際の治療費用を保障する保険です。

どこの動物病院でも入院給付金や手術給付金の対象になるほか、オプションとしてガン給付金や死亡給付金の付帯もできます。

ただし、毎年のワクチンは適用外になりますので病気になる可能性の低い若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

保険料や内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも取り扱っているようなので相談してみましょう。

少し前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの販売店では額が大きすぎて本体を買うよりもキャッシュバックされるようなことすらありました。

同じように保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、2017年に金融庁が出した指針で高額キャッシュバックや換金性の高い商品券がもらえるキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変えているサービスもあります。

ネットで少し調べればわかるように、保険無料相談を行っている会社はたくさんあります。

その中で少しでも顧客を獲得しようと、キャンペーンをしているところもあります。

気になるその内容はといいますと、多くが商品券やギフト券がもらえるといったものでした。

もらえる額はばらばらではありますが、多くは数千円くらいのようです。

いろいろな比較をするためにも数社に依頼することもあるでしょうが、選ぶ際にこういった会社を見つけられれば、わずらわしいことも少し楽しくできるかもしれませんね。

保険相談には自分がお店へ行くタイプと向こうに来てもらうタイプとがあり、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、残念ながらうまくいかなかったという話も見聞きすることがあります。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

高圧的な物言いなどでこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、満足なアフターケアも期待できないので一度離れた方が良いかもしれません。

そんな失敗を回避するにはしっかり下調べをして、家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

専門家に保険について相談したいとき、どうすれば良いでしょうか。

家や近所までFPさんに来てもらう人もいれば、CMなどでもおなじみとなっているような会社のお店に足を運んだことがあるという人もいらっしゃるでしょう。

日本中にお店があるような有名どころですとショッピングモール内など、ほかの用事のついでに寄れるような店舗も多いので、利用しやすいと思います。

自宅に来てもらったり、ファミレスなど人の多いところで大事な話したりをすることに不安がある場合は、実店舗を構えているところが良いかもしれません。

インターネット上には、保険無料相談会社についてのクチコミが溢れています。

それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、機会があるなら専門家の意見を聞きたいと感じているということでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

特に訪問タイプについて評判が知りたい人も多いかと思いますが、重要なチェックポイントはFPさんの知識量や提案、またこちらの希望に沿った提案をするつもりがあるかどうかです。

面談したい会社を見つけたら、特にFPさんの対応などを気を付けて見てみると良いでしょう。

動画サイトなどでよく見る保険無料相談のCMですが、周りに体験した人がいないと利用方法がよくわからないことがあります。

なので、ここでは無料相談の利用時の流れについて書きます。

一般的な流れとして多いのが、webサイト経由で相談日の予約をし、カフェなどの希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

FPとの面談では最初に、将来の希望や保険に関する疑問、加入中の保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから何種類もある保険の中から最適な保険を提案します。

再度、ライフプラン・将来の希望と照らし合わせて保障内容が合っているかを一緒に確認します。

保険無料相談を行っている会社は、われわれの想像以上にたくさん存在します。

それだけたくさんある中でおすすめできると思うのは、FPさんの質が高いと会社です。

実際数社に依頼して面談した人の話を調べますと、同じ内容で話をしても、FPさんによって提案されるものが違うことが多いようです。

契約をするとなったら長くお付き合いをしていくFPさん。

こちらの希望をくんでくれるのはもちろん、納得以上の満足を提供してくれるような人にお願いしたいところですよね。

一般的に良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうことが多いと聞きます。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでもそういったことはあるのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら保険に加入しなければいけなそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得行くまで説明を聞けてよかった」という人や言ってくれて安心できた、説明内容や物腰が柔らかくて本当に相談だけでも大丈夫だったなど持っていた印象とは全く違うことがわかりました。

なので見直しをしようと考えている人は安心して相談してみてください。

一般的な保険の見直しというとこちらから行くにしろ向こうに来てもらうにしろ直接面談するのが普通かと思いますが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだそうです。

流れをたどってみますと、まず電話の時間予約をネットやフリーダイヤルなどで行ったら、あとは担当者からの連絡を待つだけらしいのです。

もちろんお金はかかりません。

これなら本当に良い提案のときだけ話を聞いていれば良いので、直接会うよりも気軽に試せると思う人も多いかもしれませんね。

新しく趣味や初めて体験することがある場合、みなさんどうしていますか?まず最初にネットで調べる人が多いと思います。

保険の見直しをしようと思い検索していたところ保険相談無料ドットコムというwebサイトを見つけました。

一般的な店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間に好きな場所で相談に乗ってくれるようです。

ライフプランなどを色々、聞くので落ち着いて話ができる自宅で相談をほとんどの方が行っているようです。

また、強制的な勧誘やFP本位の提案をしないのはもちろん、保障内容をわかりやすく説明してくれるみたいなので安心ですね。

Tポイントやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談をするとプレゼントされろというキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスは有名ではないものばかりで本当にポイントが付与されるのかわからないですよね。

ポイント付与までの流れとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与というパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で契約をしないと見られたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件未達の状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

不用品回収業者の様になぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

無料と謳っているのに続けられるのは何かカラクリがあるはずです。

例えば、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社は各保険会社からの契約手数料が主な収益となっています。

つまり、FPに相談をして提案された保険を契約することによって保険会社から手数料がサービス会社へ渡されます。

そのため、相談者に変更してもらうことが重要になるので、相談者に対して無理な保障を案内することはまず、起きないと考えてもいいです。

相談自体は無料なので、内容確認をするだけの方も安心して利用してください。