フラット35勤続年数の審査基準はどう?2年未満は落ちるって本当?

住宅を購入する際の資金準備で強い味方になる住宅ローンですがローンなので申し込んでも審査に落ちることもあります。

基本的にローンに落ちる可能性が高いのは過去に別のローンを組んでいて支払いが滞っている場合や借り入れ希望額に対して年収が少ない、勤続年数が短いなどといった場合が挙げられます。

フラット35など多くのローンで言えることですが年間の返済額が年収の約3割までになっているかという部分も大切です。

例えば、今回のローンでの返済額は年収の30%以下だったとしても他に車のローンやリフォームローンの支払いが残っていて合計すると約3割以上になってしまうといったこともあります。

住宅ローンに関することを調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人が少なからずいるようです。

フラット35とは銀行機関と住宅金融支援機構がコラボレーションした住宅ローンのことです。

民間の金融機関では、全期間固定金利での高額融資は資金調達が難しいとされています。

資金調達が難しく、リスクが大きいのでメリットとしては、勤続年数が短くても借入できる可能性があることや主な特徴としては、金利が全期間固定で繰り上げ返済は100万円から可能、審査は銀行と住宅金融支援機構の両方が行うことなどが挙げられます。

また、勤続年数が短い・契約社員の方でも申し込みができるようです。

世の中にはいろいろな住宅ローンがあります。

銀行オリジナルのローンやフラット35のようにどこの銀行機関で契約しても基本的には同じ条件になるローンなど種類が多すぎてどれを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを決定しているのでしょうか。

特に見られているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動制の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料などが銀行ごとに設定されています。

みなさんが住宅ローンを探す際の参考にしてください。

念願のマイホームを手に入れる際に住宅ローンを組みますが種類が多くどれを選んだら良いのか悩んでしまいます。

でも住宅ローンを利用する人は人生に1回ということが多く選び方がわかりません。

ここでは、ローンを決めるポイントについてまとめてみました。

まず、最初に決めるのは金利を変動型にするか固定型にするかです。

目先の金利が低いけれど数ヶ月、数年後の支払い額が高くなる可能性のある変動型と金利変わっても影響のなく返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので他のローンと比べるポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の事務手数料などを比べる必要があります。

ここ数年では、変動型の人気が落ち固定型の人気が出ているようです。

最近CMや広告などで見かけるアルヒの住宅ローンですが、会社やローン商品にどんな特徴があるのかあまり知らない人も多いと思います。

大きな特徴としては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱実績件数が1番多いそうです。

「ARUHI家の検索」という物件検索サービスも行っており、そこでは勤務地や希望する通勤時間などのカンタンな質問から、今の家賃と同じくらいの支払額で買えそうな物件を検索できます。

ローンの大きなウリとしてはフラット35の利用者の22%が利用しているという点です。

他にも別の金融機関に比べ審査スピードが早いことです。

例えば事前審査は最短で当日に結果がわかることもあるようです。

住宅を購入する際にフラット35の利用を勧められることがあります。

多くの人はテレビで名称を聞いたことはあるくらいで実際にはどんな特徴があるのか、借りるための条件はあるのかといった情報を詳しい内容は知らないのではないでしょうか。

ローンを利用するには、物件購入価格が1億円未満になっているか、床面積が基準以上の広さがあるかといった条件があります。

ローンの特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借り入れできないことや全期間金利固定なことや繰上げ返済手数料がかからないことなどが挙げられます。

金利変動が発生しても急に支払額が上がるといったことが起きないので無理なく返済計画を立てて実行できそうですね。

住宅を購入する資金調達時に利用する住宅ローンですが住宅ローンの多くでは、購入する物件が決まってから審査を始めます。

事前審査の結果、ローンが組めないこともあります。

では、いくらまで借りられるのでしょうか。

フラット35で借りられる金額の上限の決め方は「ARUHIの家検索」というページでは物件を決める前に事前に年収や毎月の返済予定額などから借入可能額が確認できます。

他の機関のサイトにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ず確認するようにしましょう。

事前に借入可能額が分かっていれば物件探しも行いやすいですね。

利用する機会の少ない住宅ローンですがあまり利用しないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

ここではフラット35を例にして契約について説明します。

新築で立てる場合では、はじめに借り入れの申し込み、設計審査をして物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

その審査結果が1週間から2週間前後でわかります。

結果が判明したら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請をしなければいけません。

竣工現場審査に合格したら借り入れの契約や資金の受け取り、登記や抵当権の設定などの手続きが行えます。

参考:フラット35勤続年数の審査基準は?転職時期!【2年未満は落ちる?】

固定金利で選ぶ人の多いフラット35ですが、申し込む際に金利以外で確認しなければいけない内容があります。

それは事務取扱手数料や登記関係でかかる諸費用です。

他にも、銀行次第で繰り上げ返済時に他の住宅ローンなどでは必要になることがあります。

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいが一般的なようです。

また、借り換えを行う際には、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料や登記代などの支払いが発生します。

借り換えメリットで少なくなる支払い額と比べて借り換えを行わない決断をする人もいます。

住宅を購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、超低金利時代なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が多くなっています。

その中でも、「フラット35」という単語を耳にしたことはありませんか?名前からは特徴が伝わりにくいですが通常のローンと比べどういった部分が違うのか調べてみました。

主なメリットとしては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が必要ないという面があります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると割高になってしまうことや独自の審査基準があるので借入できない可能性があることが挙げられます。

ローン関連でたまに親子リレーという言葉を聞いたことはありませんか?どんな内容かというと親子2代でローンを返済しましょうというものです。

住宅ローンの1種類であるフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子供やその配偶者で定期的収入がある方など、3種類の条件を満たしている場合に組むことができます。

この制度の有効な状況としては、将来同居を予定している場合や、親が高齢になり家をリフォームしたいけど高齢だから短期間のローンしか組めない、と言った場合に有効です。

新築購入時だけでなく、借り換えや住み替えの時にも利用ができるので状況によっては利用を考えてはいかがでしょう。

テレビCMでよく聞くフラット35ですが、中古住宅でもローンの利用はできるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件次第で利用できます。

その要件の例としては、床面積の広さや購入価格が1億円以下の物件かなどの条件です。

また、中古物件ならではの要件もあり、申込日の時点で竣工日から2年以上経っている、すでに人が住んでいたことがあるかという要件です。

もし新築で建てた物件に対して組んだローンの借り換えを行う場合は新築ではなく中古物件扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を購入する際もフラット35をご活用ください。

住宅を購入する際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクを嫌ってフラット35で契約した人もいると思います。

できるなら今よりも毎月の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35への借り換えもできるんです。

その際、メリットが享受できるのは金利差が0.3%以上となっています。

変動型から、変動型へ換えることもできます。

行うかどうかは各銀行機関のHPにあるシミュレーションを利用して月々の支払額がどう下がるかやその他費用も含めていろいろな面から検討するようにしましょう。

融資に際して、再び審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

一生のうち、最も大きな買い物と言われる住宅ですがなかなか一括で買うことはないと思います。

多くの場合は住宅ローンで資金調達すると思います。

その際、変動型にするのか、固定型にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方なら固定型のフラット35がおすすめです。

2008年頃と比べると金利も低く推移してきているので長期間のローンを組むのに良い時期だと言われています。

また、変動型の方が固定型よりも1%近く低い数値になっていますが金利変動で毎月の返済額が高くなることもあります。

そのため当初立てていた返済計画が崩れることもあります。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人がいなく、どう決めたら良いかわからないという人も多いはずです。

ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談にいけばいいのかわからないという場合もあります。

全期間固定金利でおなじみのフラット35について聞きたい場合は各銀行機関へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開いている相談会に行くのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約がいるのでHPで会場などの情報をチェックしておきましょう。